ブラインドサッカー女子日本代表 戦績・歴史

ブラインドサッカー女子日本代表 戦績・歴史

2022年 2020年 2019年 2018年 2017年

2022年

IBSA ブラインドサッカーアジア・オセアニア選手権 2022
年月 / 開催地 2022年11月11日~11月12日 / インド コチ
概要 インドのコチで開催された初のアジア・オセアニア選手権。女子はインドと日本の2カ国が出場し2試合を行った。2試合とも日本の勝利で終了し、日本は初代女子アジア・オセアニア選手権王者となった。今大会のPlayer of the Tournamentと得点王は菊島宙選手が、ベストゴールキーパー賞は寺林眞智子選手と和地梨衣菜選手が受賞した。また、2023年8月に開催される女子カテゴリー初開催となる世界選手権への出場権も獲得した。
参加国 インド、日本
結果 優勝:日本 / 第2位:インド
監督 山本夏幹
選出メンバー (50音順) FP:竹内真子*、加賀美和子、菊島宙、鈴木里佳、田中一華、橋口(福田)史織、若杉遥
GK:寺林眞智子、和地梨衣菜

*(アスタリスク)はキャプテン

対戦相手 結果 得点者
11月11日 /インド 〇2-0 菊島宙(2)
11月12日 /インド 〇1-0 菊島宙(1)

2020年

さいたま市ノーマライゼーションカップ2020
年月 / 開催地 2020年2月 / 日本 埼玉県さいたま市
概要 さいたま市で開催された国際親善大会。女子代表の国際試合となって3回目。対戦相手は2度目となるアルゼンチン選抜。結果は菊島宙が8得点を挙げ8-0で日本の勝利。菊島は大会MVP。
参加国 アルゼンチン選抜、日本
結果 優勝:日本
監督 村上重雄
対戦相手 結果 得点者
アルゼンチン選抜 〇8-0 菊島宙(8)

2019年

さいたま市ノーマライゼーションカップ2019
年月 / 開催地 2019年2月 / 日本 埼玉県さいたま市
概要 さいたま市で開催された国際親善大会。女子代表の国際試合となって2回目。対戦相手は国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)世界選抜。IBSA世界選抜は、同年2月に日本で開催された「IBSA 女子トレーニングキャンプ supported by 田中貴金属グループ」に海外から参加した8カ国13名の選手で構成された。結果は日本が10点という高得点を挙げて勝利。9得点を挙げた菊島宙が大会MVP。
参加国 IBSA世界選抜(アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、イギリス、ドイツ、ナイジェリア、スウェーデン、ジンバブエ)、日本
結果 優勝:日本
監督 村上重雄
対戦相手 結果 得点者
IBSA世界選抜 〇10-0 菊島宙(9)、工藤綾乃

2018年

さいたま市ノーマライゼーションカップ2018
年月 / 開催地 2018年2月 / 日本 埼玉県さいたま市
概要 さいたま市で開催された国際親善大会。今大会より女子代表の国際試合となった。第1回目の対戦相手は女子代表を含むアルゼンチン選抜。結果は菊島宙が6得点、齊藤舞香が自身代表初ゴールを奪い7-3で日本の勝利。菊島宙が大会MVP。
参加国 アルゼンチン選抜、日本
結果 優勝:日本
監督 村上重雄
対戦相手 結果 得点者
アルゼンチン選抜 〇7-3 菊島宙(6)、齊藤舞香

2017年

IBSA 女子ブラインドサッカートーナメント 2017
年月/開催地 2017年5月 / オーストリア ウィーン
概要 国際視覚障害者スポーツ連盟(以下、IBSA)主催の初の女子選手を対象とした国際大会。本大会は、各国で活動する女性選手が集結して行われたトレーニングキャンプと合わせて開催された。キャンプには世界16カ国(※1)から75名(内、女性が60名)の選手とスタッフが参加。大会は、日本、イングランド・ギリシャ選抜チーム、ロシア・カナダ選抜チーム、IBSA選抜チームの4チームにより1回戦総当たりのリーグ戦が行われ、日本は3戦全勝で予選を通過。予選上位2チームで行われる決勝戦ではIBSA選抜チームと対戦し、1-0で勝利し、優勝を飾った。 ※1 オーストリア、ベルギー、チェコ、イングランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、ポルトガル、ロシア、スペイン、スウェーデン、トルコ、カナダ、メキシコ、日本
参加国 イングランド・ギリシャ選抜、IBSA選抜( オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、メキシコ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、トルコ)、日本、ロシア・カナダ選抜
結果 優勝:日本 / 2位 IBSA選抜 / 3位 イングランド・ギリシャ選抜 / 4位 ロシア・カナダ選抜
監督 村上重雄
対戦相手 結果 得点者
イングランド・ギリシャ選抜(予選リーグ) 〇2-0 菊島宙(2)
ロシア・カナダ選抜チーム(予選リーグ) 〇2-0 菊島宙(2)
IBSA選抜チーム(予選リーグ) 〇1-0 菊島宙
IBSA選抜チーム(決勝戦) 〇1-0 菊島宙

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 参天製薬
  • 株式会社and US Omeme
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • 味の素株式会社
  • 株式会社アセットリード

ロービジョンフットサル日本代表スポンサー

  • 参天製薬

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi
  • high-alti

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • Paroma
  • 味の素株式会社
  • 日本自動車ターミナル株式会社

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社
  • スカイライト コンサルティング株式会社
  • Beatfit
  • ダイヤモンド社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house
  • ReBit

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube