ニュース [開催レポート]「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ2016」を本栖湖畔(山梨県)にて開催(7月30・31日) ~今年で4回目。累計100名突破!2020年東京パラリンピックを見据え、視覚障がい児の運動能力向上へ~

[開催レポート]「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ2016」を本栖湖畔(山梨県)にて開催(7月30・31日) ~今年で4回目。累計100名突破!2020年東京パラリンピックを見据え、視覚障がい児の運動能力向上へ~

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、視覚障がいを持つ、小、中、高校生を対象としたスポーツキャンプ「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ2016」を、7月30日・31日の2日間にわたり本栖湖スポーツセンター(山梨県南都留郡富士河口湖町)にて開催いたしました。初の山梨県での開催となった会場では、7才~17才までの24名の視覚障がいをもつ子どもたちが、のびのびとプログラムを楽しみました。

本キャンプは、日頃運動の機会が少なく、健常児の6割とされる視覚障がい児の運動能力・運動機能の向上を目的としています。また、子どもたちがスポーツの楽しさ、仲間と一緒に活動することの楽しさに出会い、自己を成長させる機会となることも期待しています。
2013年7月に千葉県で開催して以来、関東地区では4回目となります。今年のキャンプ(関西・関東)で参加者の人数が累計122名となりました。

関東地区では、初回からブラックロック・ジャパン株式会社(東京都千代田区・代表取締役会長CEO 井澤吉幸、以下ブラックロック)の支援で「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ」として開催しており、資金面の支援だけでなく、人的支援も受けています。今年は22人の社員とそのご家族が本キャンプの運営を支え、寝食を共にしながら子どもたちの成長をサポートしました。

日本代表強化指定選手でもある、落合啓士選手をはじめとし、JBFA公認のコーチ資格を持ったスタッフや現役のブラインドサッカー選手の指導のもと、個々人の運動能力や見え方に合わせて5つのグループに分かれて、ボールトレーニングや体力測定などを行いました。なかには、6月に開催された日本代表選手育成合宿に選抜された児童もおり、レベルの高い練習も繰り広げられました。
また、今年初めて導入したカヌー体験は、子どもたちにも大変好評で、存分に体を動かした2日間となりました。

保護者向けプログラムでは、スポーツに対する理解促進や、子どもとのコミュニケーション向上の講習会を実施しました。1日目の夜には、選手、コーチ、ボランティアスタッフ、保護者による懇親会を行いました。子育ての悩みを選手に相談したり、保護者同士の新たな人脈が構築できたりなど、ご好評をいただきました。

●感想
参加者(中学2年生、男児、初参加)
「すごく充実していて、色々な体験ができた。今までサッカーはボールを強く蹴れば抜けると思っていたけれど、コントロールも大事だということがわかった。もっとサッカーを上手くなりたいと思った。」

保護者(中学2年生、男児、初参加)
「子どもが逞しくなるための経験をさせてもらった。自分の子どもが他人であるボランティアの方とコミュニケーションを取っている姿が目新しかった。キャンプで大勢の人と一緒にトレーニングすることを通して、自己を客観的に見る目を養い、自分に対する向上心が芽生えたように感じた。」

ボランティアスタッフ(ブラックロック、女性、2回目)
「昨年参加してみて、子どもたちが成長する姿にほれぼれしたので今年も参加した。昨年参加していた子どもたちに会えたのも嬉しかったし、初めて会う子どもたちともすぐに仲良くなれた。時には子どもたちから『その言い方だとわからない』と叱られて、コミュニケーションのとり方を教えられた。」

浜田直之氏(ブラックロック 取締役、4回目)
「同年代の友達をつくり、声を出して体を動かす機会を子どもたちに提供するこのイベントは貴重だ。保護者の方々の交流の場としても重要な意味があると感じている。我々ボランティアも学ぶことが多く、弊社からのボランティアの数も増えている。子どもたちの体力やサッカーの技術の向上もみられており、2020年の東京パラリンピックにはこのキッズキャンプ経験者も入ってくれればと夢をもっている。」

JBFAは、引き続き視覚障がい児の運動能力向上を図り、また2020年の東京パラリンピックを見据えた次世代の代表選手の育成を行うとともに、ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現に向けてパートナーと共に邁進して参ります。

●実施内容
1日目:7月30日(土)
開校式、ボール運動、カヌー体験、BBQ、ジュース作りレクリエーション

2日目:7月31日(日)
体力テスト、ボール運動、ブラインドサッカー試合デモストレーション、閉校式

 

 

リリースのダウンロード

「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ2016」を本栖湖畔(山梨県)にて開催(7月30・31日)
~今年で4回目。累計100名突破!2020年東京パラリンピックを見据え、視覚障がい児の運動能力向上へ~

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 

National Team / Club Team

日本代表 / クラブチームについて

日本代表について

国際的な活躍をめざし国内トップ選手たちが切磋琢磨するブラサカ日本代表(男子、女子)、ロービジョンフットサル日本代表。代表入りを目指す若年層の育成も行っています。

クラブチームについて

北は北海道から南は沖縄まで、ブラインドサッカー(B1クラス)は25チーム、ロービジョンフットサル(B2/B3クラス)は3チームのクラブチームが活動しています。

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • Alfaromeo
  • リノシー

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人
  • リノシー

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • 味の素株式会社

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • Allenatore
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • リノシー
  • Paroma

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード
  • 株式会社トーコン ホールディングス

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • 株式会社丸井
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube