ニュース [メディアリリース]「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」開催決定! ~コロナ禍でも安全な大会開催を担保するため、全国大会では初の全試合生配信を実施~

[メディアリリース]「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」開催決定! ~コロナ禍でも安全な大会開催を担保するため、全国大会では初の全試合生配信を実施~

アクサ生命保険株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼CEO:安渕聖司)を始めとする日本におけるアクサグループ企業5社(以下アクサ)と、KPMGジャパン(東京都千代田区、チェアマン:森俊哉、以下KPMGジャパン)、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区、理事長:塩嶋史郎、以下JBFA)は、新設の全国大会「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ(以下アクサ×KPMG 2020カップ)」を開催します。アクサ×KPMG 2020カップは、2020年10月4日(日)にJ-GREEN 堺で開幕し、2020年10月から2021年2月にわたって、全8会場で開催します。

26チームある日本のブラインドサッカーのクラブチームは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、6月末まで活動を自粛してきました。現在では地域差はあるものの、各チームが最大限の感染対策を行いながら、順次活動を再開しています。そのような中で、JBFAもコロナ禍において、最大限の感染対策を行いながら、出来る限り試合の機会を設け、各チームの活動推進に寄与することが、各地域での競技の発展や、チームの組織使命の達成につながり、さらには、JBFAのビジョンである「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」につながると考え、試合機会の創出に向け協議を重ねてきました。

 

JBFAは例年、ブラインドサッカーのクラブチームを対象に、アクサ ブレイブカップ(日本選手権)と、KPMGカップ(クラブチーム選手権)の、2つの全国大会を開催していました。しかし、この度の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、例年どおりの大会開催は困難であると認識し、一会場あたりの規模を抑えながら、長期間にわたっての分散開催を模索しました。そこに、アクサとKPMGジャパンの2社にも賛同いただき、JBFAを含めた3者で本年に限定した全国大会「アクサ×KPMG 2020カップ」の開催を決定しました。(今年度、アクサ ブレイブカップ及びKPMGカップは開催いたしません。)

 

本大会では、競技者、観客、スタッフが安全に参画し、楽しんでいただけるように、感染防止には最大限の注意を払い、全国大会としては初となる、全試合映像生配信が決定しています。大会名の「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜」は、コロナ禍により先が見通しづらい社会情勢においても、試合機会を創出することでブラインドサッカーの未来につながる大会にしたい、という思いが込められています。

 

●アクサ生命保険株式会社 代表取締役社長兼CEO 安渕聖司のコメント

コロナ禍の厳しい状況下、JBFAのパートナー企業であるKPMGジャパンと連帯し、新型コロナウイルス感染症という未曽有の課題に向きあい、克服し、未来へつなぐ象徴的な全国大会を開催できることを嬉しく思います。選手の皆さんには日頃の練習の成果を発揮し活躍されることを期待しています。

 

●KPMGジャパン チェアマン 森俊哉のコメント

JBFAのパートナーであるアクサグループとKPMGジャパンがともに協力し、感染予防対策を充分に行いながら、安全に配慮した「アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」を開催できることを大変嬉しく思います。大会運営に様々な困難が伴うなか、このような形で継続して選手の試合機会を創出することにより、ブラインドサッカーの未来につながる機会になることを願っています。

 

●NPO法人日本ブラインドサッカー協会 理事長 塩嶋史郎のコメント

日頃より多大なるご支援をいただいている、日本におけるアクサグループ企業5社およびKPMGジャパンにお力添えをいただき、大会が開催できることを心より感謝申し上げます。大会名の通り「未来につなぐ」大会を実現するため、チーム・スタッフ・関係者一同、一丸となり取り組んでまいります。

 

●大会概要

・大会名:〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ

・大会愛称:アクサ×KPMG 2020カップ

・主催:NPO法人日本ブラインドサッカー協会

・大会スペシャルパートナー:日本におけるアクサグループ企業5社、KPMGジャパン

(アクサグループ:アクサ生命保険株式会社/アクサ損害保険株式会社/アクサダイレクト生命保険株式会社/アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社/アクサ・アシスタンス・ジャパン株式会社)

・特設HP:https://2020cup.b-soccer.jp/

・大会形式:1stラウンドを全国5会場で開催し、勝ち上がった8チームが2会場に分かれて準決勝ラウンドに出場。各会場の上位2チームが、決勝ラウンドに出場し、決勝戦・3位決定戦を戦う。

・配信方法:JBFAの公式YouTubeアカウント(https://bit.ly/34svUhl )にて、全試合YouTube Liveで生配信

※データ通信量が多くなることが想定されるため、視聴時にはWi-Fiのご利用を推奨します。

※配信には機材・回線等、最善の準備を行い実施しますが、生配信である特性上、不慮の一時停止や映像の乱れなどが起こる可能性がございます。予めご了承ください。

※1stラウンド会場への入場は、大会関係者のみとなります。準決勝ラウンドおよび決勝ラウンドについては、決まり次第お知らせします。

※1stラウンドは、現地での取材受け入れ予定はございません。(オンラインでの取材対応について検討中です。)

 

・日程、会場

<1stラウンド>

2020年

・10月 4日(日)J-GREEN 堺(大阪府堺市)

・10月17日(土)フットサルドームPIVOX広島(広島県広島市)

・10月18日(日)本庄市若泉運動公園多目的グラウンド(埼玉県本庄市)

・10月25日(日)常総運動公園(茨城県守谷市)

・11月14日(土)天王洲公園野球場C面(東京都品川区)

<準決勝ラウンド>

・2021年1〜2月に2会場で開催予定

<決勝ラウンド>

・2021年1〜2月に1会場で開催予定

 

●アクサグループについて

アクサは世界57の国と地域で16万人の従業員を擁し、1億800万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2019年度通期の売上は12兆6,346億円(1,035億ユーロ)、アンダーライング・アーニングスは7,872億円(64.5億ユーロ)、2019年12月31日時点における運用資産総額は118兆2,502億円(9,693億ユーロ)にのぼります。アクサはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、アクサの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。

 

●KPMGジャパンについて

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームによって構成されています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。日本におけるメンバーファームは以下のとおりです。

有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社KPMG FAS、KPMGあずさサステナビリティ株式会社、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、KPMG社会保険労務士法人、株式会社 KPMG Ignition Tokyo

 

●アクサ生命保険株式会社について (本社:東京都港区、代表執行役社長 兼 CEO:安渕聖司)

アクサ生命はアクサのメンバーカンパニーとして1994年に設立されました。アクサが世界で培ってきた知識と経験を活かし、254万の個人、2,400の企業・団体のお客さまに、死亡保障や医療・がん保障、年金、資産形成などの幅広い商品を、多様な販売チャネルを通じてお届けしています。2019年度には、2,387億円の保険金や年金、給付金等をお支払いしています。

 

●アクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト)について (東京都台東区、代表取締役社長 兼 CEO:ハンス・ブランケン)

アクサ損害保険は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているアクサのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は105万件を超えています。

 

●アクサダイレクト生命保険株式会社について (東京都千代田区、代表取締役社長:住谷貢)

アクサダイレクト生命は、2008年4月より営業を開始した日本初のインターネット専業生命保険会社です。手頃でわかりやすく、お客さまが自信を持って選択できる保険商品を、インターネットを通じて提供しています。チャネルとデバイスを複合的に活用することでサービスの利便性向上をはかり、お客さまが納得してご契約いただけるよう独自のオムニチャネルを構築しています。

 

●アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社について (東京都港区、代表取締役社長:首藤正浩)

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、投資によってお客さまがより良い将来を確保するのに必要なソリューションを提供し、私たちが住む世界にプラスの変化を創造すべく、今日、お客さまと共に努力を続けています。2020年6月末時点で約8,150億ユーロの運用資産残高を有し、20ヵ国28拠点において2,360名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

 

●アクサ・アシスタンス・ジャパン株式会社について (東京都港区、代表取締役社長:森紀俊)

アクサ・アシスタンス・ジャパンは、世界40以上の拠点に従業員9,500名以上を擁し、世界のアシスタンス事業をリードしているAXA Partnersの日本法人です。1989年にインターパートナー・アシスタンス・ジャパンとして日本国内で事業をスタートさせ、2009年には、アクサ・アシスタンス・ジャパンを設立。現在では、メディカル、セキュリティ、ホーム、ライフスタイルの分野で、世界的な市場の変遷と顧客ニーズにお応えすべく、日々革新に取り組んでいます。

 

●日本ブラインドサッカー協会について

JBFAは、ブラインドサッカー及びロービジョンフットサルを統括する中央競技団体で、「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ活動しています。競技普及・強化活動と並行して、競技特性を活かした健常者向けのダイバーシティ教育プログラムを展開しています。2018年度朝日スポーツ賞受賞。

詳しくは、弊会ホームページ( http://www.b-soccer.jp)をご覧ください。

 

リリースのダウンロード

「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」開催決定! 〜コロナ禍でも安全な大会開催を担保するため、全国大会では初の全試合生配信を実施〜

 

本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 広報室
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階

National Team / Club Team

日本代表 / クラブチームについて

日本代表について

国際的な活躍をめざし国内トップ選手たちが切磋琢磨するブラサカ日本代表(男子、女子)、ロービジョンフットサル日本代表。代表入りを目指す若年層の育成も行っています。

クラブチームについて

北は北海道から南は沖縄まで、ブラインドサッカー(B1クラス)は25チーム、ロービジョンフットサル(B2/B3クラス)は3チームのクラブチームが活動しています。

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • Alfaromeo
  • リノシー

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人
  • リノシー

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • 味の素株式会社

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • Allenatore
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • リノシー
  • Paroma

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード
  • 株式会社トーコン ホールディングス

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • 株式会社丸井
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube