ニュース [メディアリリース]北海道、東京の新チームが参加し、過去最多の14チームが出場へ 第14回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権

[メディアリリース]北海道、東京の新チームが参加し、過去最多の14チームが出場へ 第14回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権

 日本ブラインドサッカー協会は7月11,12日に東京都調布市のアミノバイタルフィールドで開催する「第14回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」の一次エントリーをこのほど締め切り、過去最多の14チームが出場登録しました。札幌市を拠点とするナマーラ北海道と東京都を拠点とするGLAUBEN FREUND TOKYOが今回初めてエントリーし、昨年の12チームから2チームが増えました。

 協会設立翌年の2003年に行われた第1回大会は3チームの出場で、参加チームは徐々に増えています。北海道からチームがエントリーするのは初めてで、ブラインドサッカーが行われる地域がさらに広がりました。なお、今大会にはエントリーしていないものの、名古屋市、広島市などでもクラブチームが立ち上がっています。

 日本選手権の大会形式や試合スケジュールは後日改めて発表しますが、現時点では第1日(11日)は午前10時20分より第一試合を行い、17時に終了予定。第2日(12日)は午前9時から試合を開始し、決勝戦は14時50分キックオフの予定です。

 出場登録した14チームの紹介は以下の通りです。なお、各チームへの取材のご希望は当協会までお問い合わせ下さい。

 

出場登録チーム

ナマーラ北海道(札幌市)

2014年にチームを立ち上げ。元Jリーグ、コンサドーレ札幌の芳賀博信氏が代表を務めるNPO法人セカンドサポートが運営する。チーム名は北海道弁で「すごい」などを意味する「なまら」から。

 ◆コルジャ仙台FC(仙台市)

2012年発足。コルジャはポルトガル語で「ふくろう」の意。ふくろうは暗闇の中でも、聴覚など様々な感覚を研ぎ澄ませ自由に飛びまわることから。

 ◆Avanzareつくば(つくば市)

日本選手権3連覇を目指す。日本代表の魚住稿監督、川村怜、佐々木ロベルト泉選手らが所属。聴覚または視覚に障がいを持つ人が学ぶ筑波技術大学の学生、卒業生、教員が主なメンバー。チーム名はイタリア語で「前進する」の意。

 ◆埼玉T.Wings(さいたま市、所沢市)

2003年に所沢市にある国立障害者リハビリテーションセンターを拠点にチーム創立。2007年に現在のT.wingsへ名称を変更。日本代表の加藤健人らが所属。県内の盲学校で指導するなど普及にも熱心。

 ◆乃木坂ナイツ(港区)

2011年に設立。チーム名は、毎週水曜日の夜に乃木坂にある公園で練習を行っていることから。千葉県松戸市で活動する「松戸ウォーリアーズ」と連合を組む。陸上と自転車でパラリンピックメダリストの葭原滋男がチーム代表。昨年の日本選手権は3位。

 ◆GLAUBEN FREUND TOKYO(東京都)

東東京地域を中心とした地域でブラインドサッカーを普及させるために2015年4月発足。チーム名はドイツ語で「仲間を信じる」の意。和気あいあいがモットー。

 ◆たまハッサーズ(八王子市など)

GK佐藤大介、FP黒田智成、田中章仁ら日本代表クラスを多く擁する。第11回日本選手権で優勝。ブラインドサッカーの可能性を追求し続ける創造力がチームの特色。

 ◆buen cambio yokohama(横浜市)

日本代表主将の落合啓士がチームを引っ張る。2010年設立し、翌年初出場した第11回日本選手権で準優勝。チーム名はスペイン語で「よい変化」の意味。キッズ練習会など普及活動にも取り組む。

 ◆山梨キッカーズ(甲府市)

地域に根差した活動を続けている。毎年秋の関東リーグの1節を地元で運営している。

 ◆新潟フェニックスファイヤーズ(新潟市)

「2002FIFAワールドカップをきっかけに翌年結成と草創期からあるチームのひとつ。東北・北信越リーグ3連覇中。昨年の日本選手権6位の成績を上回る成績を目指します。

 ◆F.C.長野RAINBOW(坂城町)

2009年6月チームを結成。仲間づくりや交流の場として、また、人との絆・夢や希望の架け橋となることを願い、チーム名を決めた。坂城町を拠点に、県内での普及活動にも取り組む。

 ◆大阪ダイバンズ(大阪市)

日本のブラインドサッカー草創期からの歴史を誇る。第4回日本選手権で優勝したが、近年はメンバーが不足する時期もあった。風祭喜一監督は前日本代表監督。ダイバンはベトナム語で「鷲」の意。

 ◆兵庫サムライスターズ(神戸市)

県内在住者が集まる形で、2007年4月に結成。フィールドの中でも外でもチームの和を大事にしている。昨年の日本選手権は5位。

 ◆ラッキーストライカーズ福岡(福岡市)

昨年の日本選手権は準優勝。2004年の設立当初からJリーグアビスパ福岡の支援を受け、コーチ陣らも一緒に練習してサッカーの競技性を探求している。ガイド(コーラー)の藤井潤は、日本代表でもガイドを務める。

 

リリースのダウンロード

北海道、東京の新チームが参加し、過去最多の14チームが出場へ
第14回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

National Team / Club Team

日本代表 / クラブチームについて

日本代表について

国際的な活躍をめざし国内トップ選手たちが切磋琢磨するブラサカ日本代表(男子、女子)、ロービジョンフットサル日本代表。代表入りを目指す若年層の育成も行っています。

クラブチームについて

北は北海道から南は沖縄まで、ブラインドサッカー(B1クラス)は25チーム、ロービジョンフットサル(B2/B3クラス)は3チームのクラブチームが活動しています。

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • Alfaromeo
  • リノシー

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人
  • リノシー

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • 味の素株式会社

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • Allenatore
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • リノシー
  • Paroma

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード
  • 株式会社トーコン ホールディングス

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • 株式会社丸井
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube