ニュース [メディアリリース]釜本美佐子氏(日本ブラインドサッカー協会前理事長)が、 「AJPSアワード2022〜Unsung Hero〜」を受賞!

[メディアリリース]釜本美佐子氏(日本ブラインドサッカー協会前理事長)が、 「AJPSアワード2022〜Unsung Hero〜」を受賞!

2022年6月23日(木)、一般社団法人日本スポーツプレス協会(以下AJPS)より「AJPSアワード2022〜Unsung Hero〜」の発表が行われ、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下JBFA)前理事長の釜本美佐子氏が受賞したことをお知らせします。また同賞の受賞に伴い、本日自由学園明日館(東京都豊島区)にて、授賞式が行われました。釜本氏は、日本国内での競技普及のため、2001年に視察団の一員として韓国へ行き、JBFAが設立された2002年から、2018年まで理事長を務めました。

 

※日本国内における、ブラインドサッカー競技の普及については、以下のページをご覧ください。

https://www.b-soccer.jp/blind_soccer

 

●主催者(AJPS)コメント

2007年度に第1回表彰が行われた「AJPSアワード」。ことしは2団体と8個人、計10件のノミネートが寄せられましたが、釜本氏は、昨年の東京パラリンピックで大きく注目されたブラインドサッカーにおいて、日本におけるその揺籃期から日本代表の選手団長、広告塔、スポンサー営業など多岐にわたって尽力、選手育成や女子の普及にも貢献したことが高く評価されました。

 

●「AJPSアワード~Unsung Hero~」について

2007年度から実施され、今回が第14回。最初の2回は、浦和レッズ、北島康介氏と、その年度の日本スポーツ界最大の話題になったチームやアスリートを表彰したが、「スポーツ報道のプロ集団(AJPS)として、取材のなかで知った日本のスポーツを陰から支える人びとを顕彰する」という方針に転換し、さまざまな「縁の下の力持ち」を選んできた。

2019年度に第13回のアワードとして「日本陸上競技連盟男女競歩チーム」の表彰を決めたが、コロナ禍で表彰式は開催できず、2020年度はアワードの選考自体を見送った。今回が2年ぶりのアワード選出であり、表彰式自体は3年ぶりとなる。

 

過去の受賞者

2007年度(第1回) 浦和レッドダイヤモンズ(サッカーACL優勝)

2008年度(第2回) 北島康介(水泳、2大会連続五輪金メダルなど)

2009年度(第3回) 鈴木憲美(グラウンドキーパー、国立競技場の芝管理)

2010年度(第4回) 小野学(スキー、ジャンプコーチとして日本を導く)

特別賞・大日向邦子(チェアスキー)

2011年度(第5回) 藤田信之(陸上競技、五輪金メダリスト育成など)

2012年度(第6回) 平井伯昌(水泳、五輪金メダリスト育成など)

2013年度(第7回) 久保田五十一(野球バット製作、名選手のバット製作など)

2014年度(第8回) 朴柱奉[パク・ジュボン](バドミントン、日本代表ヘッドコーチ)、

寺本進(セパタクロー、20年にわたって第一線で活躍)

2015年度(第9回) 臼井二美男(スポーツ用義足開発の第一人者)

2016年度(第10回) 八反田孝行(女子アイスホッケー監督)

2017年度(第11回) 長田照正(富士急スケート部顧問)

2018年度(第12回) 池田敬子(全日本ジュニア体操クラブ連盟会長)

2019年度(第13回) 日本陸上競技連盟男女競歩チーム

※名称は、今回から表彰式が行われる年度がつけられ、AJPS Award 2022となります。

 

●一般社団法人日本スポーツプレス協会について www.ajps.jp

Association Japonaise de la Presse Sportive

1976年6月創立。日本国内外で活躍するフリーランスを中心とした、スポーツフォトグラファーとジャーナリストが所属する団体。「スポーツジャーナリストの職能を確立し、擁護し、表現および報道の自由確保に努め、日本のスポーツ界の発展に寄与する」を理念とする。2010年5月に法人化して、一般社団法人となる。2022年4月現在、164名の会員と14社の賛助会員で構成。会員は国内外で、さまざまなスポーツをあらゆる角度から取材し、各メディアで発表している。

所在地:〒112-0013 東京都文京区音羽1-21-10 関根ビル603号

 

●NPO法人日本ブラインドサッカー協会について

JBFAは、ブラインドサッカー及びロービジョンフットサルを統括する中央競技団体で、「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ活動しています。競技普及・強化活動と並行して、競技特性を活かした健常者向けのダイバーシティ教育プログラムを展開しています。2018年度朝日スポーツ賞受賞。

詳しくは、弊会ホームページ(https://www.b-soccer.jp)をご覧ください。

 

リリースのダウンロード

釜本美佐子氏(日本ブラインドサッカー協会前理事長)が、「AJPSアワード2022〜Unsung Hero〜」を受賞!

本件に関するメディアお問い合わせ先

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 広報室
E-mail:media@b-soccer.jp  電話番号:03-6908-8907
協会ウェブサイト:https://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 参天製薬
  • 株式会社and US Omeme
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • 味の素株式会社

ロービジョンフットサル日本代表スポンサー

  • 参天製薬

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi
  • high-alti

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • Paroma
  • エネラボ株式会社
  • 味の素株式会社

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社
  • スカイライト コンサルティング株式会社
  • Beatfit
  • ダイヤモンド社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM
  • Audioburst

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house
  • ReBit

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube