ニュース [メディアリリース]「人が無意識に持つ偏見を可視化する」プログラム「UB-Finder」を開発~プログラムを一般・法人に公開。2019年に行った障がい等への無意識バイアスに関する調査結果を発表~

[メディアリリース]「人が無意識に持つ偏見を可視化する」プログラム「UB-Finder」を開発~プログラムを一般・法人に公開。2019年に行った障がい等への無意識バイアスに関する調査結果を発表~

一部内容を訂正させていただきました。
ご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(理事長 塩嶋史郎、以下JBFA)は、「ブラインドサッカーを通じて視覚障   がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」というビジョンの実現をさらに推進するため、心理学の分野で開発され、幅広く用いられている手法 Implicit Association Test(以下IAT)を活用し、人が障がいや障がい者に対して無意識に持つバイアス(偏見)を数値化・可視化できるプログラム「UB-Finder」を開発し、本日ホームページでプログラムを無料公開しました。(URL: https://www.ub-finder.org/

 

「UB-Finder」の開発の背景には、JBFAのビジョンである「混ざり合う社会の実現」を加速するために、その進捗状況を可視化したり、比較検討可能な数値化などの指標の必要性がありました。「混ざり合う社会」の実現を阻害する心理的要因の1つに障がいや、障がい者への偏見があります。「UB-Finder」では「IAT」を採用することで、このような偏見を無意識レベルで明らかにし、数値化することができます。今後は、障がい者との共生、多国籍人材との協働を目指す職場等での、ダイバーシティ&インクルージョン推進ツールとしての活用も期待されます。

 

「UB-Finder」で使われている手法IATは、人が意識できない思考や感情の根源を探る手段として、ワシントン大学、バージニア大学、ハーバード大学、エール大学等の基礎研究に基づき開発され、心理学の分野でひろく用いられています。IATは人の潜在意識に働きかけ、結果を導くため、一般的な主観的アンケートとは異なり、人の潜在意識に潜むありのままの結果を得ることができます。JBFAでは、日本のIAT研究の第一人者である潮村公弘教授(フェリス女学院大学/社会心理学・認知社会心理学)の監修を受けたプログラムを開発し、2019年11月に「障がいや、障がい者への無意識バイアス」に関する調査を行いました。

 

  • 調査について

調査実施日:2019年11月11日~29日

調査対象: 10代~70代(平均年齢41.0歳)の全性別

調査人数: 2,099人(有効回答2,060人)

調査手法: インターネット調査

 

  • 調査結果のサマリー:

(1)顕在的態度と無意識バイアスには大きな違いがある

(2)顕在的態度が変化しても、無意識バイアスは変化しない

(3)年齢を重ねても、無意識バイアスは低減しない

(4)学歴を重ねても、無意識バイアスは変化しない

(5)障がいのある友人知人がいることや、定期的に障がい者に接していても無意識バイアスは変化しない

※調査結果詳細レポートはこちら:https://bit.ly/2BHcl9c

 

JBFAでは、これらの調査結果と先行研究により明らかになった「無意識バイアスに働きかけていくために必要なこと」、そして「UB-Finder」を活用し、企業研修やブラインドサッカー体験会、ボランティア活動等を通じてアセスメントを繰り返しながら、無意識バイアスにもアプローチできるプログラムを提供していきます。また、これにより更なる「混ざり合う社会の実現」にむけた活動を推進していきます。

【UB-Finderのお申し込みについて】

個人の方:URL: https://www.ub-finder.org/から調査に参加できます。(簡単なフィードバックあり)

法人の方:info-ub-finder@b-soccer.jp宛てにお問い合わせください。法人単位でお申し込み頂くと、法人単位での調査の参加、調査レポートの提供のほかに、「無意識バイアス」に関するセミナーの受講ができます。

  • 特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)について

JBFAは、ブラインドサッカー及びロービジョンフットサルを統括する中央競技団体で、「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ活動しています。競技普及・強化活動と並行して、競技特性を活かした健常者向けのダイバーシティ教育プログラムを展開しています。2018年度朝日スポーツ賞受賞。

詳しくは、弊会ホームページ( http://www.b-soccer.jp)をご覧ください。

「UB-Finder」は、日本財団パラリンピックサポートセンターの助成金で開発をしています。

https://www.parasapo.or.jp/

リリースのダウンロード

「人が無意識に持つ偏見を可視化する」プログラム「UB-Finder」を開発~プログラムを一般・法人に公開。2019年に行った障がい等への無意識バイアスに関する調査結果を発表~

 

本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 広報室
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階

National Team / Club Team

日本代表 / クラブチームについて

日本代表について

国際的な活躍をめざし国内トップ選手たちが切磋琢磨するブラサカ日本代表(男子、女子)、ロービジョンフットサル日本代表。代表入りを目指す若年層の育成も行っています。

クラブチームについて

北は北海道から南は沖縄まで、ブラインドサッカー(B1クラス)は25チーム、ロービジョンフットサル(B2/B3クラス)は3チームのクラブチームが活動しています。

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • Alfaromeo
  • リノシー

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人
  • リノシー

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • 味の素株式会社

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • Allenatore
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • リノシー
  • Paroma

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード
  • 株式会社トーコン ホールディングス

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • 株式会社丸井
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube