その他 [メディアリリース]ブラインドサッカー体験型企業研修プログラム『OFF TIME Biz』2018年度集計、66企業・団体、過去最多のべ108件、4,883人に実施 昨年比108%へ増加 2年連続で100件突破

[メディアリリース]ブラインドサッカー体験型企業研修プログラム『OFF TIME Biz』2018年度集計、66企業・団体、過去最多のべ108件、4,883人に実施 昨年比108%へ増加 2年連続で100件突破

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、企業・団体を対象とした体験型研修プログラム「OFF TIME Biz(オフタイム ビズ)」の2018年度分の集計を終え、昨年4月から今年3月末までに66企業・団体、のべ108件4,883人に実施しましたことをご報告します。

 JBFAは、ブラインドサッカーの競技力向上に伴い培われるコミュニケーションやチームビルディングなどの要素を学べるプログラムを、企業・団体からのニーズや課題にこたえるサービスとして2012年に開発。初年度は9件、翌年度は17件と実績を重ね、2014年に「OFF TIME Biz」と新たに命名して一般に公開。2014年度は40件実施し、約1,200人が参加、2015年度は38件実施し、1,330人が参加、と年を重ねるごとに実施件数を増やして参りました。

(実施件数と参加者の推移は下記リリース内グラフを参照ください)

毎年実施件数が増加している理由は、プログラムに対する高い評価による前年導入企業からの継続受注のほか、人材育成で差別化をはかる企業の体験型研修のニーズへのアプローチによるものです。「OFF TIME Biz」は、これまで製造業、情報通信業、小売業、金融・保険業、不動産業、医療・福祉業、サービス業など多岐に渡る企業・団体へ実施しており、多様化する社内のコミュニケーションの改善、チームビルディングを行う新しい研修としてご好評をいただいているほか、管理職研修、新人研修、新卒採用プロセスなどにも取り入れていただいています。また、近年では大学などの学校法人、地方自治体からのご依頼も増えております。

 

実施企業様からの感想

 

◆双日株式会社 人事部グローバル・人材育成課 課長 加藤孝誠様

【何故、導入をしたか(研修への期待)】

双日では、「多様な人材の活躍・ダイバーシティの推進」を経営テーマの一つとしています。今後ますます社会の多様性が広がる中、相手の立場になって考えることが重要であると考え、新入社員研修へブラインドサッカーを導入致しました。

新入社員が今回の経験を通じて、商社で活躍するプロフェッショナルビジネスパーソンとして育つきっかけになればと期待しています。

 

【研修実施後、どんな変化があったか】

初めはブラインドサッカーという聞きなれない言葉に戸惑いを見せる新人もいましたが、大会の試合動画や現役選手の考えを直接聞くことで、徐々に興味を持ち始めました。体験後は、「相手の立場に立って考えることは重要だとわかっていたが、実践ができていなかった」との声もあり、実際に目隠しをして初めてコミュニケーションの難しさを再認識し、相手目線を考えることの重要性を体感できたようです。

 

 

JXTGホールディングス株式会社 人事部人材開発グループ 中橋沙織様

【何故、導入をしたか(研修への期待)】

当社グループの中核事業を担う3つの事業会社の新入社員を対象に、「グループ理念」やそれを実現するための「行動基準」を身近なものとして捉え、中でも「人権尊重」について自身に引き寄せて考える機会とする目的で実施しています。また、研修では、チーム内での相互協力やコミュニケーションが必要とされるゲームに取り組むことから、新入社員相互の交流の機会になることも期待して導入しました。

 

【研修実施後、どんな変化があったか】

研修当日は、視覚に頼らずに動くことに戸惑う姿も見られましたが、グループワークは非常に盛り上がり、入社初日には緊張した様子だった新入社員が、この日はリラックスした様子で、楽しみながらも真摯にワークショップに取り組んでいる姿が印象的でした。受講後、新入社員からは「グループワークを通じて、チームで仕事をする際には『個性を尊重する気持ち』と『当事者意識』を組み合わせることが重要だと感じた」、「自分がどういう人間かを相手に伝え、相手がどういう人間かを理解し、相互に最大限の能力を発揮できる場を作り上げることがダイバーシティであるということを学んだ」といった声が寄せられました。こうした気付きは、体験型の研修だからこそ得られる学びだと感じています。

 

 

リリースのダウンロード

 

ブラインドサッカー体験型企業研修プログラム『OFF TIME Biz』2018年度集計
66企業・団体、過去最多のべ108件、4,883人に実施
昨年比108%へ増加 2年連続で100件突破

 

本件に関するお問い合わせ

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

National Team / Club Team

日本代表 / クラブチームについて

日本代表について

国際的な活躍をめざし国内トップ選手たちが切磋琢磨するブラサカ日本代表(男子、女子)、ロービジョンフットサル日本代表。代表入りを目指す若年層の育成も行っています。

クラブチームについて

北は北海道から南は沖縄まで、ブラインドサッカー(B1クラス)は25チーム、ロービジョンフットサル(B2/B3クラス)は3チームのクラブチームが活動しています。

パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • SMBC日興証券株式会社
  • 朝日新聞
  • KPMGあずさ監査法人
  • 味の素株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 参天製薬
  • 田中貴金属
  • insource
  • 双日
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • Alfaromeo
  • リノシー

ブラインドサッカー男子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • アクサ生命保険株式会社
  • アセットリード
  • 味の素株式会社
  • 株式会社丸井
  • 株式会社トーコン ホールディングス
  • 双日
  • KPMGあずさ監査法人
  • リノシー

ブラインドサッカー女子日本代表スポンサー

  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社丸井
  • 田中貴金属
  • Alfaromeo
  • 参天製薬
  • 味の素株式会社

アカデミーパートナー

  • ブラックロック・ジャパン株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 参天製薬

公式ユニフォームサプライヤー

  • アディダスジャパン株式会社

競技力向上パートナー

  • クーバー・コーチング
  • ONE TAP SPORTS
  • ソルティーロ
  • 株式会社データスタジアム
  • 酒井医療
  • JARTA
  • Allenatore
  • McDavid
  • futon.or.jp
  • fusion-flexi

スポ育パートナー

  • アクサ生命保険株式会社
  • 株式会社アセットリード
  • 花王株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 参天製薬
  • インソース
  • G-Factory
  • 双日
  • UACJ
  • 学研
  • リノシー
  • Paroma

OFF T!MEパートナー

  • 株式会社アセットリード
  • 株式会社トーコン ホールディングス

サプライサービスパートナー

  • トーヨーエキスプレス株式会社
  • 三三株式会社
  • 株式会社丸井
  • コニカミノルタ株式会社
  • 株式会社ねこじゃらし
  • ニチバン
  • インソース
  • フューチャー株式会社

ソーシャルテクノロジーパートナー

  • ORCAM

アライアンスパートナー

  • ネクスタイド・エヴォリューション
  • CRIACAO
  • エフチャンネル
  • ケアフィット
  • mother house

日本障がい者サッカー連盟・加盟組織

  • JIFF

パートナーシップ協定

  • 品川区
  • 葛飾区

助成団体

  • スポーツ振興基金
  • パラサポ
  • 日本スポーツ振興センター
YouTube