音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからコンテンツ本文です。

ブラインドサッカーの歴史

ブラインドサッカーの普及・発展

ブラインドサッカーはパラリンピックや世界選手権などの国際大会も盛んで、日本は徐々にレベルアップしています。国内でも地域でのリーグ戦や日本選手権などが開催されています。どのような経緯で普及・発展しているのか、ご紹介します。

日本に根づくまで

1980年代初頭に開発され、ヨーロッパ、南米を中心に広くプレーされてきたブラインドサッカーですが、現在プレーされているIBSA(International Blind Sports Federation:国際視覚障がい者スポーツ協会)の国際ルールが日本に上陸したのは2001年でした。

それまでは盲学校で独自のルールを考案し、プレーしてきた歴史もありました。90年代には千葉県立千葉盲学校で「ペガサス」というチームが発足し、テレビにも取り上げられました。

2001年9月、当時アジアで唯一ブラインドサッカーを導入していた韓国に、「視覚障がい者の文化を育てる会」を中心とした視察団が向かいました。アイマスクをした選手が自由に走り回るプレーを目の当たりにし、日本でもこのサッカーを広めていこうと国内での普及が始まります。

当時、手元にあったのは数本の試合の映像と、英文のルールなどわずかな資料でした。しかし、多くのサポーターの協力により、2001年11月11日に日本視覚障がい者サッカー協会(JBFA)の前身となる「音で蹴るもうひとつのワールドカップ実行委員会」の発足式が大阪にて行われました。

2002年5月に韓国・ソウルにて行われた日本対韓国、同年8、9月に岐阜・高山、神戸にて行われた日本、韓国、ベトナムの3ヶ国によるアジアフレンドリーシップカップを経て、2002年10月、JBFAが正式に発足しました。

国内での普及

その後、急速に全国に普及し、2003年3月9日、東京・多摩にて初めての全国大会である『第1回日本視覚障がい者サッカー選手権』が実施されました。全国から4チームが参加しました。以降、毎年行われる日本選手権をはじめとして、東日本、西日本選手権など各地で盛んに試合が行われていました。

2013年現在では、日本選手権は第12回を数え、参加チーム数も11チームと年々増えています。また、地域大会は、関東リーグ、関西リーグ、東北北信越リーグ、九州四国リーグと4つの地域に分けられました。その地域リーグの上位チームが出場できる「フィアットカルチョ」(旧 プライムカップ)も春に行われています。

目指せ! 国際舞台

まだ、JBFAの名称が「音で蹴るもうひとつのワールドカップ実行委員会」だった2002年5月3日に、韓国・ソウルのブラインドサッカー専用競技場にて、日本代表の初の国際舞台となる日本対韓国の試合が行われました。結果は、すでに世界選手権に出場経験のある韓国に対し善戦、0-0で前後半終了。PK戦(1-2)で韓国代表に惜敗しました。

さらに、2002年8月、9月には高山と神戸にて日本、韓国、ベトナムによる「アジアフレンドリーシップマッチ」を開催。結果は高山会場で、優勝韓国、2位日本、3位ベトナム。神戸会場では優勝日本、2位韓国、3位ベトナムでした。

同年11月には、韓国・ソウルにてスペイン、ブラジル、韓国、日本が参加した『2002国際視覚障害者サッカートーナメント』が開催され、日本が初めて世界のピッチに登場しました。結果はスペインに0-3、ブラジルに0-7、韓国に2-3と3連敗を喫してしまう結果になりました。それでも、日本が世界の強豪国と初めて対戦した記念すべき大会でした。

そして2005年、ベトナム・ホーチミンで『第1回アジア選手権』が開催され、日本はここで初優勝し、2006年への世界選手権の出場権を獲得しました。(参加国は日本、韓国、ベトナム)

その2006年、『第4回世界選手権』(アルゼンチン)では、アジア枠で出場した韓国を7位決定戦で下し、8か国中7位という結果に終わりました。(参加国はブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、スペイン、フランス、イギリス、日本、韓国)

2007年には韓国にて『第2回アジア選手権』が開催。韓国、日本に加え、初出場となった中国とイランの4チームが参加しました。日本はここで4位に終わり、2008年北京パラリンピックの出場を逃しました。(参加国は中国、イラン、韓国、日本)

2009年には『第3回アジア選手権』が東京都調布市で開催されました。(出場国は中国、日本、韓国、イラン、マレーシア)日本初開催のこの大会で日本は中国に次ぐ2位となり、2010年イギリスで開催された『第5回世界選手権』に出場しました。

2010年8月、日本代表としては2回目の出場となった世界選手権では、日本は1点も挙げることができず、10チーム中8位と悔しい結果に終わりました。(参加国はブラジル、スペイン、、中国、イギリス、フランス、コロンビア、アルゼンチン、日本、ギリシャ、韓国)

そして同年12月には2012年のロンドンパラリンピックの出場権をかけた『広州 2010 アジアパラ競技大会』に参加。結果は5チーム中4位となり、ロンドンへの切符をつかむことはできませんでした(参加国は中国、イラン、韓国、日本、タイ)。 2011年12月に宮城県仙台市で開催した『第4回アジア選手権』で、日本はもう一度、パラリンピック出場権獲得を目指しましたが、引き分けでもロンドン行きが決まったイラン戦で後半に2失点し、涙をのみました。


ブラサカの魅力をもっと知ろう!
NEXT



ここまでコンテンツ本文です。



ここからサブナビゲーションです。

ここまでサブナビゲーションです。