音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]「フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊」 12月10日 パラリンピック正式種目のタンデム自転車体験を初開催

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]「フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊」 12月10日 パラリンピック正式種目のタンデム自転車体験を初開催

2016/12/05

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、視覚に障がいを持った児童がさまざまなスポーツを体験する機会を提供する「フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊」を1210日(土)あおぞら財団(大阪府大阪市)にて開催いたします。

タンデム自転車体験会は、親子でタンデム自転車を楽しめるようになっています。今回使用するタンデム自転車は座席が前後に2つ並んでおり、前席に晴眼者が乗車し、後席に視覚に障がいのある児童が乗車します。保護者の方で自転車の乗車が難しい場合はJBFAスタッフが前席を務めます。前席にいる人は方向のかじ取りとペダル漕ぎ、後席にいる人もペダル漕ぎを行うため、通常の自転車よりもスピードが出て、疾走感を楽しめます。また、前席と後席の人のチームワークが大切な運動で、協力しあう楽しさを実感することができます。当日は兵庫県トライアスロン協会大西健夫氏の協力のもと、あおぞら財団前から大野川緑陰道路(自転車専用道路)を経由して、矢倉緑地公園に向かうルートを走行予定です。

視覚に障がいのある児童の運動能力は、健常児の6割ともいわれており、JBFAは視覚に障がいのある児童のスポーツ環境の改善に取り組んでいます。「ブラサカ・スポーツ探検隊」では、これまでにラグビー体験やダンス体験など、障がい者スポーツに限らず様々なスポーツの機会を提供してきました。また、児童だけでなく本プログラムを通して保護者の方々へ運動・スポーツに対する理解も図っています。人々とのコミュニケーションを通してスポーツの楽しさを感じながら成長していく過程を、ぜひご取材くださいますようお願いいたします。

 

フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊 開催概要

 

■日時:2016年12月10日(土) 午前の部10:30~12:00  / 午後の部13:00〜14:30

■会場:あおぞら財団 〒555-0013 大阪府大阪市西淀川区千舟1丁目1−1 あおぞらビル

JR東西線御幣島駅 11番出口すぐ

■指導スタッフ:大西 健夫氏(兵庫県トライアスロン協会)

■申込・詳細:http://www.b-soccer.jp/9954/event/20161210tankenkasai.html

■主催:NPO 法人日本ブラインドサッカー協会

■協力:大阪でタンデム自転車を楽しむ会

 

 

リリースのダウンロード

「フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊」
12月10日 パラリンピック正式種目のタンデム自転車体験を初開催

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 



ここまでコンテンツ本文です。