音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからコンテンツ本文です。

KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017【1日目】

2017/03/25

【KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017大会概要】

大会名:KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017

主 催:NPO法人日本ブラインドサッカー協会

特別協賛:KPMGジャパン

大会日程:2017年3月25日(土)~26日(日)

会 場:富士通スタジアム川崎

    〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9

競技クラス:B1(全盲)クラス

出場チーム:北日本、東日本、西日本ブロックで構成された国内リーグを勝ち抜いたクラブチーム

     ブラジル代表(世界ランク1位)

 ※ブラジル代表以外の国内参加チームの最終確定は1月中を予定。

 

KPMGジャパンについて

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる7つのプロフェッショナルファームによって構成されています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。日本におけるメンバーファームは以下のとおりです。

有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社KPMG FAS、KPMGあずさサステナビリティ株式会社、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、KPMG社会保険労務士法人

 

日本ブラインドサッカー協会について

2001 年9 月、当時アジアで唯一ブラインドサッカーを導入していた韓国を関係者が視察し、釜本美佐子を理事長に2002 年10 月に「日本視覚障害者サッカー協会」を設立。2010 年8 月に「日本ブラインドサッカー協会」に名称変更し、2015年10月にNPO法人化。全国にブラインドサッカー(全盲クラス)で15チーム、ロービジョンフットサル(弱視クラス)で4チームある。ブラインドサッカーはパラリンピック実施競技で2020 年東京大会でも行われ、メダル獲得を目指している。2014年に4年に1度のブラインドサッカー世界選手権、2015年にリオ・パラリンピック予選となるブラインドサッカーアジア選手権を東京都渋谷区で開催した。「スポ育」「OFF TIME Biz」など、強化中心の従来型スポーツ団体の枠を超えて活動の幅を広げる。



ここまでコンテンツ本文です。