音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]株式会社アセットリードとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が 2022年まで 初の長期パートナーシップ契約を締結

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]株式会社アセットリードとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が 2022年まで 初の長期パートナーシップ契約を締結

2016/08/18

株式会社アセットリード(東京都新宿区・代表取締役社長 北田理)とNPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区・代表理事 釜本美佐子、以下JBFA)は、このほど2022年までの長期パートナーシップ契約を締結し、アセットリード社内で社員向け発表会を行いました。契約期間は2016年8月1日から2022年7月31日までの6年間で、JBFAにとって2020年東京オリンピック・パラリンピック開催以降まで続く長期契約は、初めてです。

アセットリードには、これまでブラインドサッカー日本代表スポンサー、個人向けワークショップ「OFF TIME」パートナー、子ども向け出張授業「スポ育」パートナーのほか、世界選手権2014、アジア選手権2015のシルバースポンサーとしてもご支援いただいてきました。今回の契約内容はブラインドサッカー日本代表スポンサー、「OFF TIME」パートナー、「スポ育」パートナーで、長期契約を行うことで、今後は一層JBFAのビジョン「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」にコミットメントし、実現に向け邁進していきます。

社員向け発表会の冒頭では、アセットリード北田理代表取締役社長が「初めて協会の理念を聞いた時、感銘を受けました。こうして社員と意義や理念を共有する機会を設けられたことに、大変感謝しています。理念の実現や障がい者スポーツの普及、発展のために、引き続きブラインドサッカーを応援させていただきたい」と挨拶し、JBFA釜本美佐子代表理事は「我々は障がい者と健常者が混ざり合う社会の実現を目指して活動しています。長期にわたるご支援とご理解に大変感謝しています」と話しました。続いて契約内容が説明された後、アセットリード飯塚良治取締役会長へ釜本美佐子代表理事から日本代表ウェアが贈呈され、ブラインドサッカー日本代表の寺西一選手も交え、体験も行いました。発表会には約50名のアセットリード社員も参加し、最後に記念撮影を行いました。

 

リリースのダウンロード

株式会社アセットリードとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が
2022年まで 初の長期パートナーシップ契約を締結

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 

 



ここまでコンテンツ本文です。