音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016 Avanzareつくばが、たまハッサーズを倒して二連覇 朱重徹 駐横浜大韓民国総領事、福田紀彦川崎市長が来場

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016 Avanzareつくばが、たまハッサーズを倒して二連覇 朱重徹 駐横浜大韓民国総領事、福田紀彦川崎市長が来場

2016/03/27

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、ブラインドサッカー(全盲クラス)の各地域リーグ上位チームに、昨年アジア選手権3位の韓国代表を招聘して頂点を争う「KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016」を3月26日(土)、27日(日)の2日間、富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)で開催しました。決勝戦は、Avanzareつくばが1対0で、たまハッサーズを倒して大会連覇を飾りました。

MVPは川村怜選手(Avanzareつくば)、MIPは黒田智成選手(たまハッサーズ)、フェアプレー賞には韓国代表が選ばれました。3位決定戦は、韓国代表が1-1でPK戦(1-0)の末buen cambio yokohamaに勝利。5位決定戦では、兵庫サムライスターズが1-0でナマーラ北海道に勝利しました。

今大会では、国内大会で初めて全試合で場内でのラジオ実況中継を行い、視覚に障がいがある方でも観戦を楽しめるよう「リレーションセンターTASKAL」ブース内で音声ガイドシステムを貸し出しました(限定50台。ラジオ持参でも聴取可能)。また、ピッチ外では、足や腕に切断障がいのある人が行うアンプティーサッカー体験(27日)のほか、お手玉のようなバック(ボール)を蹴るフットバック(両日)、華麗な足技で魅せるフリースタイルフットボール(26日)、自転車に乗ってプレーするサイクルサッカー(27日)、ブラジル発のテーブルサッカーフットメザ(両日)など、各種サッカー体験が行われ、大会を盛り上げました。

今大会は、KPMGジャパンの特別協賛により開催され、会場となった富士通スタジアム川崎には朱重徹 駐横浜大韓民国総領事、福田紀彦川崎市長も来場され、表彰式にご列席いただきました。

パートナー企業をはじめご後援・ご協賛くださった企業および団体の皆様、大会の周知報道にご協力いただいた報道関係の皆様、運営をサポートしてくださったボランティアの皆様、会場に足を運んでくださった観客の皆様、大会を支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。

●川村怜コメント

「韓国を倒したたまハッサーズと戦って、自分がゴールを決めて優勝できたことを嬉しく思う。イメージ通りのゴールだった。(今大会は)若手の育成もテーマで、チームの総合力を高める目的もあった。ブラインドサッカーをもっと浸透させたいし、そのなかで自分の使命はピッチでいいプレーをすること。」

※試合の写真は「 http://bit.ly/25qEy92 」よりダウンロードできます。

 

<KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016 大会結果>

リリースのダウンロード

KPMGブラインドサッカークラブチャンピオンシップ2016
Avanzareつくばが、たまハッサーズを倒して二連覇
朱重徹 駐横浜大韓民国総領事、福田紀彦川崎市長が来場

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908



ここまでコンテンツ本文です。