音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » オフィシャル » 【メディアリリース】ロンドンパラリンピック出場枠決定に関する、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てについて

ここからコンテンツ本文です。

【メディアリリース】ロンドンパラリンピック出場枠決定に関する、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てについて

2012/06/27

平素より、日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区 理事長 釜本美佐子、以下JBFA)の活動にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 さて、5人制サッカー(ブラインドサッカー)はロンドンパラリンピック(開催期日 2012年8月29日から9月9日)への出場において、その出場枠をかけたアジアの2つの競技会において敗退し、その出場権を逃しております。世界各地では同様に、ヨーロッパ選手権やパンアメリカ選手権が開催され、出場国がすでに確定しております。

 しかし、1枠出場予定であったアフリカでは、アフリカ選手権が開催されず、その出場枠について、アフリカの国の代わりにトルコが出場すること(出場する方針であること)を国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)に確認しました。JBFAでは選手や関係者と協議の上、これを不透明かつ不公平な決め方と考え、IBSAや国際パラリンピック委員会(IPC)に対し、問い合わせや抗議を行って参りました。しかし、事態が好転することはなく、開催も迫ってきていることから、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てを実施、6月25日(日本時間26日)にCASに受理されました。今後、CASによる裁定が行われることになりますが、ここに申し立てに至る経緯と内容を報告させて頂きます。

詳しくはリリース本文をご覧ください。テキスト版のダウンロードはこちら



ここまでコンテンツ本文です。



ここからサブナビゲーションです。

ここまでサブナビゲーションです。