音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」4日目結果 日本はイングランドに2-6で敗戦 ~次の対戦は12月11日(水)日本時間16時から対スペイン戦~

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」4日目結果 日本はイングランドに2-6で敗戦 ~次の対戦は12月11日(水)日本時間16時から対スペイン戦~

2019/12/11

2019年12月10日(火)IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」4日目が開催され、全3試合が行われました。第1試合は、トルコとロシアが対戦し、4-1でトルコが勝利。第2試合は、日本とイングランドが対戦し、2-6でイングランドが勝利。第3試合は、ウクライナとイタリアが対戦し、8-1でウクライナが勝利しました。日本代表の次の試合は、本日12月11日(水)日本時間16時キックオフで、対スペイン代表戦となります。

 

1210日()試合結果

第1試合:トルコ 4–1 ロシア

 

第2試合:日本 2-6 イングランド

日本の先発メンバー: 大平 英一郎、篠瀬 翔平、石田 虎太郎、赤崎 蛍、豊田 隼大

得点者:赤崎 蛍(前半2得点)

 

第3試合:ウクライナ 8–1 イタリア

 

ヘッドコーチ、選手コメント

・石渡 良太ヘッドコーチ

前半は先取点をとられたものの、ある程度大きなミスもなく落ち着いた試合展開ができましたが、後半は自分達のミスから失点と、ファウルトラブルにより、勝てるチャンスを自ら逃してしまいました。次のスペイン戦に全てを懸けます。

 

・岩田 朋之選手(主将)

2年前、イングランドには大差(2-10)で負けました。今日の試合では、前半は守備からリズムを作ることが出来ていたと思います。しかし、自分たちのミスからリズムを崩してしまったことが悔やまれます。次のスペイン戦では、勝つためにみんなで勇気を持ってチャレンジします。

 

・赤崎 蛍選手(2得点)

前半は相手の守備隙を見て得点することができました。後半は劣勢の中で主導権をにぎれずに失点を重ねてしまいました。次も勝利のために得点をあげたいです。

 

予選リーグ

星取表は添付のリリースをご確認ください。

 

「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」開催概要

日程:2019年12月7日(土)〜12月14日(土)

会場:Antalya Sports Hall(トルコ・アンタルヤ)

参加国:7カ国(日本、トルコ、イングランド、イタリア、ロシア、スペイン、ウクライナ)

大会形式:7カ国総当たりで予選リーグを行い、予選リーグ結果の順位をもとに、順位決定戦を行う。

大会HP:https://futsalturkey.wordpress.com/

 

リリースのダウンロード

 

「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」4日目試合結果 日本はイングランドに2-6で敗戦 〜次の対戦は12月11日(水)日本時間16時から対スペイン戦〜

 

本件に関するお問い合わせ

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会広報室
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908



ここまでコンテンツ本文です。