音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」2日目結果 日本はロシアに1-3で敗戦 ~次の対戦は12月9日(月)日本時間24時から対イタリア戦~

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」2日目結果 日本はロシアに1-3で敗戦 ~次の対戦は12月9日(月)日本時間24時から対イタリア戦~

2019/12/09

2019年12月8日(日)IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」2日目が開催され、全3試合が行われました。第1試合は、ウクライナとトルコが対戦し、3-0でウクライナが勝利。第2試合は、スペインとイタリアが対戦し、5-1でスペインが勝利。第3試合は、日本とロシアが対戦し、1-3でロシアが勝利しました。日本代表の次の試合は、本日12月9日(月)日本時間24時キックオフで、対イタリア代表戦となります。

 

128日(日)試合結果

第1試合:ウクライナ 3–0 トルコ

 

第2試合:スペイン 5–1 イタリア

 

第3試合:日本 1–3 ロシア

日本の先発メンバー: 大平 英一郎、篠瀬 翔平、中澤 朋希、赤崎 蛍、豊田 隼大

得点者:角谷 佳祐(後半1得点)

 

ヘッドコーチ、選手コメント

・石渡 良太ヘッドコーチ

ハーフラインよりも後ろの位置まで引きロシアの猛攻を前半は0-1で耐えたものの、後半2失点してしまいました。その後、ディフェンスを前からのプレスに変えアグレッシブに点を獲りに行きましたが、1得点までとなり、1-3で敗戦となりました。気持ちを切り替え、まずは明日のイタリア戦に勝利することに集中したいと思います。

 

・岩田 朋之選手(主将)

6年前の仙台大会では大差で敗戦したロシアに、チーム全員で集中して戦えました。ただ、結果は非常に残念でした。次のイタリア戦ではこの集中した守備意識を必ず勝利に繋げます。

 

・角谷 佳祐選手(1得点)

仲間を信じて走った結果、ゴールを掴み取ることが出来ました。国内(本庄)での最終合宿の練習が活きるかたちとなりました。今後の試合も代表チームで培ってきた経験をチームの勝利のために発揮します。

 

●予選リーグ

星取表は添付のリリースをご確認ください。

 

「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」開催概要

日程: 2019年12月7日(土)〜12月14日(土)

会場: Antalya Sports Hall(トルコ・アンタルヤ)

参加国:      7カ国(日本、トルコ、イングランド、イタリア、ロシア、スペイン、ウクライナ)

大会形式:7カ国総当たりで予選リーグを行い、予選リーグ結果の順位をもとに、順位決定戦を行う。

大会HP:https://futsalturkey.wordpress.com/

 

リリースのダウンロード

 

「IBSA ロービジョンフットサル世界選手権 2019」2日目結果〜次の対戦は12月9日(月)日本時間24時から対イタリア戦〜

 

本件に関するお問い合わせ

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会広報室
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908



ここまでコンテンツ本文です。