音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » その他 » [メディアリリース]クラブチームのキャラクターが誕生!デザインは協会公式マスコットブラビも手掛けたタツノコプロ 7月7日のアクサ ブレイブカップにて初登場!出場3チームのキャラクターはステッカー販売も

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]クラブチームのキャラクターが誕生!デザインは協会公式マスコットブラビも手掛けたタツノコプロ 7月7日のアクサ ブレイブカップにて初登場!出場3チームのキャラクターはステッカー販売も

2019/07/05

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区・理事長 塩嶋史郎、以下JBFA)は、協会の公式マスコット「ブラビ(ブラインド・ラビットの略)」のリデザインも手掛けていただいた株式会社タツノコプロ・キャラクターデザイナーの吉田すずか氏の制作で、クラブチームのキャラクターを初めて制作しましたので、お知らせいたします。株式会社タツノコプロ(東京都武蔵野市・代表取締役社長、門屋大輔)は大人気アニメ「ハクション大魔王」や「科学忍者隊ガッチャマン」などの制作を行っています。

 

今回のキャラクター制作の目的は、ブラインドサッカーおよびロービジョンフットサルの各クラブチームの個人のファンを増やしていくためにキャラクターを活用していくことです。今回キャラクターが完成したチームは、北海道から沖縄までの14チーム(以下一覧参照)で、今後も希望するチームには、キャラクターを制作していく予定です。

日本代表の試合を日本国内で観戦できる機会は年に数回、都内近郊がほとんどです。対して、国内クラブチームの試合観戦機会は、地域リーグなど2019年度は20回ほどあり、会場は北は宮城県、南は福岡県まで広く行われました。各クラブチームのファンが増えていくことは、ブラインドサッカーの裾野を広げていくために必要不可欠であると考えています。

  JBFAとタツノコプロがコラボするのは、2018年2月のアクビガールが日本代表のユニフォームを着用したグッズの制作、同年11月におこなったブラビのリデザインに続き、3回目です。

 今回誕生したキャラクターは、各チームが情報発信などに使用するほか、JBFAとしてもポスター、グッズ制作などで地域リーグをはじめとする国内大会の盛り上げに使用していきます。また、7月7日に行われる「第18回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンドでは、出場するfree bird mejirodai、埼玉T.Wings、buen cambio yokohamaの3チームのキャラクターのステッカー販売が行われるなど、お披露目の場となります。

 

 

●今回制作されたキャラクター一覧

©JBFA/タツノコプロ

リリースのダウンロード

 

クラブチームのキャラクターが誕生!
デザインは協会公式マスコットブラビも手掛けたタツノコプロ
7月7日のアクサ ブレイブカップにて初登場!出場3チームのキャラクターはステッカー販売も

 

本件に関するお問い合わせ

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 



ここまでコンテンツ本文です。