音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース] 「ブラインドサッカー チャレンジカップ2018」を初開催 日本はアルゼンチンに1-3で敗戦 対アルゼンチン戦で主将の川村怜が日本初得点〜1,858名が来場〜

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース] 「ブラインドサッカー チャレンジカップ2018」を初開催 日本はアルゼンチンに1-3で敗戦 対アルゼンチン戦で主将の川村怜が日本初得点〜1,858名が来場〜

2018/11/04

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)と11月4日(日)に町田市立総合体育館で「ブラインドサッカー チャレンジカップ2018」を初開催し、会場には1,858名が来場しました。ブラインドサッカー日本代表(世界ランク9位)は、世界選手権2018準優勝のアルゼンチン代表(世界ランク2位)と対戦し1-3で敗戦となりました。

前半の立ち上がりは日本がアルゼンチン陣地に攻め込み、前半3分ゴール前の混戦から粘り強いプレーで川村怜が抜け出し、対アルゼンチン戦で日本初ゴールとなる先制点を奪いました。対するアルゼンチンは、前半終了間際の19分に自陣でフェデリコ・アッカルディがボールを奪うと中央突破からディフェンス3人をかわし同点ゴールを挙げ、1-1で前半を終えました。後半はアルゼンチンペースで試合が進み、後半10分、17分にマキシミリアーノ・エスピニージョが追加点を奪い、3-1でアルゼンチンが日本に勝利しました。MVPには、アルゼンチンのマキシミリアーノ・エスピニージョが選ばれました。

※写真は「 https://jector.jp/dl/devgNSkd51APKWKXKVSYLHKg 」からDLできます。

会場には、JPSA鳥原光憲会長、アルゼンチン共和国エルナン・アオン二等書記官が来場しました。ブラインドサッカーの試合だけでなく、チアリーディングや、ブラインドサッカー体験会、各種啓発ブースなども併催して開催されました。また、JBFA初の試みとして、本大会会場の体育館のフロアに人工芝を敷き詰め実施しました。

JBFAは2020年の東京パラリンピックでのメダル獲得を目標としており、今回の経験をもとにさらなる高みを目指す、ブラインドサッカー日本代表を今後とも、応援よろしくお願いいたします。

 

高田敏志監督 コメント

ボールが前に入るようになり、点を取るチャンスもあった。前半先制したあと日本の攻撃ラインが下がったのは、「守れ」という指示を出すと下がってしまう傾向が日本人にはあり、その部分に関してマネジメントを実行できなかった。ただ、前回対戦した時は、サイドにふられていたが、今日の試合はその部分を防ぐことができ、相手のやりたかったことをさせなかった。マキシミリアーノ・エスピニージョに関しては、ブラジルのリカルドと並ぶ世界的選手で、ラグビーのようなパワープレーで個の力で点を決められた。

 

川村怜 コメント

試合には負けてしまったが、前半1点先制し、リードできたことはポジティブに捉えたい。奪われた3点は防げるゴールで、世界トップレベルとの差と課題を感じた。1点目の先制ゴールは、相手が寄せてきているのを感じたが、右足でふりきった。マキシミリアーノ・エスピニージョは、自分が出ている時間に確実に仕事をする世界トップレベルの選手。試合データの分析から右サイトがストロングポイントだとみていたが、1点目は左サイドに侵入され得点された。ゴールへの執着心も世界トップレベルだと感じた。

 

●過去試合との比較データ

メディアリリースをご確認ください。

 

 

リリースのダウンロード

「ブラインドサッカー チャレンジカップ2018」を初開催
日本はアルゼンチンに1-3で敗戦
対アルゼンチン戦で主将の川村怜が日本初得点〜1,858名が来場〜

 

本件に関するお問い合わせ

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 



ここまでコンテンツ本文です。