音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]第13回 ロービジョンフットサル日本選手権 埼玉FC・ARESが初優勝で閉幕

2018/05/06

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、主に弱視者がプレーするロービジョンフットサルのクラブチーム日本一を決定する「第13回 ロービジョンフットサル日本選手権」を、5月4日(金)から5日(土)の2日間にわたり、葛飾区水元総合スポーツセンターメインアリーナ(東京都葛飾区)で開催いたしました。全国から集結した参加4チームによる1回戦総当たりのリーグ戦、順位決定戦が行われ、埼玉FC・ARESが初優勝しました。大会MVPは、埼玉FC・ARESの辻一幸(つじ・かずゆき)選手が受賞しました。

決勝戦には埼玉FC ・ARESとFC SFIDA つくばが対戦し、序盤から埼玉が試合の主導権を握り、前半2分、8分と久保善暉(くぼ・よしき)選手がゴールを奪いました。後半に入り、つくばも反撃しましたが、埼玉のGK岩崎直(いわさき・すなお)選手の好セーブに得点を奪えず、試合終了間際(後半19分)に埼玉辻選手がインターセプトからドリブルで持ち込みゴールを奪い、3-0で埼玉が勝利し初優勝となりました。

パートナー企業をはじめご後援・ご協賛くださった企業および団体の皆様、大会の周知報道にご協力いただいた報道関係の皆様、運営をサポートしてくださったボランティアの皆様、会場に足を運んでくださった観客の皆様、大会を支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。

 

【大会結果】

予選リーグ)

第1試合:Grande TOKYO 1-1 FC SFIDA つくば

第2試合:埼玉FC•ARES 1-0 CA SOLUA 葛飾

第3試合:Grande TOKYO 1-2 埼玉FC•ARE

第4試合:FC SFIDA つくば 1-1 CA SOLUA 葛飾

第5試合:Grande TOKYO 1-0 CA SOLUA葛飾

第6試合:FC SFIDA つくば 1-0 埼玉FC・ARES

 

順位決定戦)

3位決定戦:Grande TOKYO vs CA SOLUA葛飾(Grande TOKYO棄権によりCA SOLUA葛飾の不戦勝)

決勝戦:FC SFIDA つくば 0-3 埼玉FC・ARES

 

【最終順位】

1位 埼玉FC・ARES  2位 FC SFIDA つくば  3位 CA SOLUA 葛飾  4位 Grande TOKYO

MVP 辻一幸選手(埼玉FC・ARES)

 

 

リリースのダウンロード

第13回 ロービジョンフットサル日本選手権
埼玉FC・ARESが初優勝で閉幕

 

本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908



ここまでコンテンツ本文です。