音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » プレスリリース » [メディアリリース]株式会社インソースとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が サプライサービスパートナーおよびスポ育パートナー契約を締結 人材育成と事業強化を支援

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]株式会社インソースとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が サプライサービスパートナーおよびスポ育パートナー契約を締結 人材育成と事業強化を支援

2018/05/01

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区・代表理事 釜本美佐子、以下JBFA)は、株式会社インソース(東京都千代田区・代表取締役執行役員社長 舟橋孝之)とサプライサービスパートナーおよびスポ育パートナー契約を締結しました。契約期間は、2018年5月1日から2019年4月30日までの1年間で、人材育成面と事業強化面で支援いただきます。

インソースは、「あらゆる人が働く楽しさ・喜びを実感できる社会」の実現を目指し、人材育成に関する講師派遣研修、公開講座研修、ITサービス提供など組織における課題解決企業で、これまでJBFAに対してマネジメント層や新入社員向けの研修を行ってきました。

JBFAは、「障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ、2024年に世界一であること、2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を目指して競技活動を行うほか、ブラインドサッカーを活用した企業研修や子ども向け出張授業などを通じてダイバーシティ啓発活動を行ってきました。

今回のサプライサービスパートナーおよびスポ育パートナー契約は、インソースがJBFAの掲げるビジョンに共感し合意に至ったもので、ビジョン実現へ向け事業を加速させることと、2020年東京パラリンピック以降も継続組織であるために、人材育成と事業強化を目的としています。

人材育成面では、インソースが実施する1,828種類の公開講座の無償提供をいただき、事業強化面では、同社が実施する新規支援先獲得や打ち合わせ履歴管理などの営業力強化トータルサービス「Plants」の無償提供をいただくほか、JBFAが実施する子ども向け出張授業「スポ育」への資金提供を行っていただきます。

両者が力を合わせることで、今後事業を一層推進してまいります。

 

●株式会社インソースについて

「楽しく働ける社会の実現」を目指して、2003年1月に事業開始。年間研修実施回数1.6万回、

研修受講者数38万人(2016年4月~2017年3月)と国内最大級。システム販売等、その他にもサービスを提供

 

リリースのダウンロード

株式会社インソースとNPO法人日本ブラインドサッカー協会が
サプライサービスパートナーおよびスポ育パートナー契約を締結
人材育成と事業強化を支援

 

本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 



ここまでコンテンツ本文です。