音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]たまハッサーズがブラジル代表と善戦、0-2の結果に終わる KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017 酒井弘行 KPMGジャパンCEO兼あずさ監査法人理事長、伊藤弘 川崎市副市長も来場

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]たまハッサーズがブラジル代表と善戦、0-2の結果に終わる KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017 酒井弘行 KPMGジャパンCEO兼あずさ監査法人理事長、伊藤弘 川崎市副市長も来場

2017/03/26

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)は、ブラインドサッカーの各地域リーグ上位チーム、JBFA認定カップ優勝チーム、当日の予選を勝ち抜いたチーム、パラリンピック4連覇中で世界ランキング1位のブラインドサッカーブラジル代表が頂点を争う「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017」を325日(土)、26日(日)の2日間、富士通スタジアム川崎と川崎市立向小学校(予選のみ、共に神奈川県川崎市)で開催しました。決勝戦はブラジル代表とたまハッサーズが戦い、終日の雨でピッチコンディションが悪い中、ブラジル代表が2-0で勝利し優勝しました。ブラジル代表が本大会で優勝するのは、2013年に続き2回目です。

 決勝戦は、前半25分にハイムンド・メンデス選手が先制点を決め、続いて、後半24分にはチアゴ・ダ・シウヴァ選手が2点目のゴールを決めました。MVPはハイムンド・メンデス選手(ブラジル代表)が選ばれました。

会場内では、KPMGジャパンブースでの点字名刺作成体験、カポエイラ、フレスコボール、サンバ楽器製作、フェイスペイントの体験、おもてなし介助体験、ブラインドサッカー体験、ブラインドサッカーボールを使ったチャーム製作体験やスタンプラリーなどを実施し、訪れた観客が楽しみました。

今大会は、KPMGジャパンの特別協賛により開催され、閉会式には酒井弘行KPMGジャパンCEO兼あずさ監査法人理事長、伊藤弘 川崎市副市長も来場され、表彰式にご列席いただきました。

パートナー企業をはじめご後援・ご協賛くださった企業および団体の皆様、大会の周知報道にご協力いただいた報道関係の皆様、運営をサポートしてくださったボランティアの皆様、会場に足を運んでくださった観客の皆様、大会を支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。

 

◯ブラジル代表 ジョジナウド・ソウザ監督 コメント

 「2013年に引き続き、二度もクラブチーム選手権に招聘していただき、とても嬉しく思っています。協会の方々の暖かなおもてなしに感謝しています。2014年の世界選手権で対戦したときと比べて、日本代表は特に攻撃が素晴らしく進歩していて驚きました。クラブチームもそれぞれの個性があり、とても充実した試合だった。私たちは2020年の東京パラリンピックで5連覇を目指していますが、さらに成長しているであろう日本の皆さんと戦えることを今から楽しみにしています。」

 

※詳細の結果とトーナメント表はメディアリリースに記載していますので、以下よりダウンロードください。

 

 

リリースのダウンロード

KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017
たまハッサーズがブラジル代表と善戦、0-2の結果に終わる
酒井弘行 KPMGジャパンCEO兼あずさ監査法人理事長、伊藤弘 川崎市副市長も来場

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 

 

 



ここまでコンテンツ本文です。