音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » [メディアリリース]参天製薬株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会がパートナーシップ契約を締結

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]参天製薬株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会がパートナーシップ契約を締結

2017/03/16

参天製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 兼 CEO:黒川明、以下「参天製薬」)と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区、代表理事:釜本美佐子、以下「JBFA」)は、2017年3月15日付で約2年間のパートナーシップ契約を締結しましたのでお知らせいたします。

参天製薬は、JBFAのビジョン「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」および、ミッション「ブラインドサッカーに携わるものが障がいの有無にかかわらず、生きがいを持って生きることに貢献すること」に共感し、本パートナーシップ契約を締結しました。
参天製薬は「ブラインドサッカー※1日本代表」スポンサー、「スポ育」※2事業パートナー、「ブラサカキッズキャンプ(関西)」※3事業パートナーとなり、CSR(企業の社会的責任)活動の一貫として、JBFAの活動をサポートします。

参天製薬は、眼科に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、患者さんと患者さんを愛する人たちを中心として、社会への寄与を行うことを基本理念に掲げています。視覚に障がいがある選手や、その選手を応援するご家族やサポーターの皆さん、スポーツに興味のある視覚に障がいがある選手子供たちを含め、ブラインドサッカーというスポーツを通じて、全ての方々の夢や希望を応援していきたいと考えています。
また、JBFAの活動を支援することによって、視覚障がいがある方々や、眼科の疾患を患っている方々への貢献をはじめ、目に対する社会からの関心を高める機会につなげていきたいと考えています。

JBFAは、今回の支援によりブラインドサッカー日本代表の海外遠征や国内合宿の機会を増やし、競技力向上に努め、2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を目指します。また、「キッズキャンプ」を通じて、関西地域の視覚障がい児の発掘および育成、「スポ育」を通じたダイバーシティ啓発活動で障がい者理解を深め、視覚障がい者を取り巻く環境の改善を行っていきます。
JBFAにとって、関西を主とする事業のスポンサー契約は初めてで、この契約をきっかけにJBFAの取り組みを関西、さらに全国へと一層拡大していきます。


参天製薬とJBFAは、障がいの有無に関わらず、全ての人が生きがいを持てる社会づくりと、目に対する社会の関心を高め、人々のQOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献していきます。本契約に基づく運営支援および、「スポ育」、ならびに「キッズキャンプ」への従業員によるボランティア参画の詳細は、参天製薬およびJBFAの公式ホームページにて報告させていただく予定です。


<参考情報>
※1 ブラインドサッカーについて
2004年からパラリンピックの正式競技となり、アイマスクを装着し、転がると出るボールの音とまわりの声でプレーする5人制サッカーです。日本国内では、アイマスクを装着すれば晴眼者*1でも一緒にプレーすることができます。公式国際試合では、医療上B1(全盲から光覚:光を感じる程度の視力)と認定されたプレーヤーのみが出場できます。
国内競技人口は、弱視者がプレーするロービジョンフットサルと合わせて、約450名です。
*1 視覚に障がいを持たない者。近視、遠視、老視(老眼)などにより視力の矯正を行っている人も多いが、日常生活に不自由のない矯正視力があれば、晴眼者となります。

※2「スポ育」について
子どもたちが、スポーツを通じて視覚障がい者に触れ、自らも目隠し体験をすることでコミュニケーションの重要性や個性を尊重しあえる関係を築けるようにした、学校向けダイバーシティ教育プログラムです。2012年秋頃事業を開始し、2017年2月までの累計で2,210件、98,370人が体験しています。昨年度より関西エリアでも事業を開始しています。
参天製薬は、スポンサーとして、資金援助とボランティアの派遣によるサポートを行う予定です。

※3「ブラサカキッズキャンプ」について
視覚に障がいがある子どもたちが、スポーツに触れ、学校以外の場で日常的にスポーツに取り組むきっかけとなる場を提供しています。将来ブラインドサッカー選手を目指す視覚障がいがある子どもたちの発掘、育成の場ともなっています。
2013年に事業を開始し、2015年から毎年関西エリアでもキャンプを行っています。
参天製薬は、スポンサーとして資金援助とボランティアの派遣によるサポートを行う予定です。

参天製薬株式会社について
参天製薬は、眼科に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、医薬品の研究、開発、販売・マーケティング活動を行っています。世界50 か国以上で製品を販売しており、国内の医療用眼科薬市場においてはNo.1 のシェアを有しています。今後も眼科領域におけるリーディング・カンパニーとして、未充足ニーズを満たす価値ある製品・サービスの提供を通じて、社会への貢献を果たしてまいります。詳細については、当社ホームペ
ージwww.santen.co.jp をご参照ください。

NPO法人 日本ブラインドサッカー協会について
日本ブライドサッカー協会は、「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」をビジョンに掲げ、ブラインドサッカー日本代表の強化、育成をはじめ、ダイバーシティ啓発活動などの普及活動を行っています。
詳細については、http://www.b-soccer.jp/ をご覧ください。

 

 

リリースのダウンロード

参天製薬株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会がパートナーシップ契約を締結

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 



ここまでコンテンツ本文です。