音声ブラウザ向けページ内リンク

スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

本文へ進みます

ナビゲーションへ進みます

サブナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

  • HOME
  • » ニュース » プレスリリース » [メディアリリース]ポラリス&パートナーズ株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会が 「スポ育」事業パートナーシップ契約を締結

ここからコンテンツ本文です。

[メディアリリース]ポラリス&パートナーズ株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会が 「スポ育」事業パートナーシップ契約を締結

2017/03/01

ポラリス&パートナーズ株式会社(東京都新宿区・代表取締役 留岡一美)と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区・代表理事 釜本美佐子、以下JBFA)は、このほど学校向け体験授業「スポ育」事業のパートナーシップ契約を締結いたしました。契約期間は2017年3月1日から2018年2月28日までの1年間です。

「スポ育」は、ブラインドサッカーの普及活動を学校現場の課題解決に応用する形で2010年秋からスタートしたダイバーシティ教育プログラムです。視覚に障がいのあるブラインドサッカー選手らを講師として派遣し、アイマスクを使って視覚を閉じた状態で、さまざまなワークを行います。ブラインドサッカーを通じて子ども達が視覚障がい者と触れ合うことにより、障がい者の理解、多様な個性の尊重、コミュニケーションなどへの気づきを生み出すと学校関係者から評価をいただいております。

実施件数と体験者数は、2016年4月から2017年2月までの11ヶ月間で438件、17,619人です。事業を開始した2010年秋からの累計では、2,210件、98,370人に上ります。昨年度から関西圏も派遣対象地域とし、事業の拡大を進めています。遠隔地などの特殊なケース以外は、学校側は講師の派遣や教材等の経費を負担することはありません。パートナーシップ契約を結んだ企業の協賛金により、プログラムの無償提供が可能になっています。

企業向けに人財育成・組織開発サービスを展開するポラリス&パートナーズ株式会社は、「人」と「チーム」の成長支援を通じて「組織」の発展に貢献すること、個人と企業組織のグローバル化に貢献することを理念に掲げていることから、JBFAが掲げるビジョン「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」に共感し、今回のスポ育パートナー締結に至りました。

 

 ※写真は以下よりダウンロード可能です。

 スポ育 http://bit.ly/1mUahNe

 

※「スポ育」についての詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。

 http://supoiku.b-soccer.jp/

 

■ポラリス&パートナーズ株式会社 留岡一美代表取締役のコメント

 日本ブラインドサッカー協会が実施する個人向けブラインドサッカーワークショップ「OFF TIME」に参加してコミュニケーションに関する「学び」「気づき」の多さを強く実感し、更にスポ育を通じて実践されている献身的な社会貢献、「視覚障がい者と健常者が共生する社会をつくる」という協会の目指す社会像に共感して協賛サポートを決めました。視覚障害者雇用推進(安定基盤提供)面での貢献など、社会を一歩でも良くする支援をしていきたいと思います。

 

■JBFA 釜本美佐子代表理事のコメント

 ポラリス&パートナーズ株式会社様が私たちのビジョンに深く共感してくださり、この度パートナーシップ契約を結んでいただけたことに、深く感謝いたします。視覚障がい者への理解はまだまだ不十分で課題が多いだけに、10代の多感な時期に子ども達が障がいへの理解を深めることは、社会にとっても子ども達にとっても素晴らしいことです。この締結をきっかけに、共にビジョンの実現に向けて歩んでいけますことを嬉しく思います。

 

リリースのダウンロード

ポラリス&パートナーズ株式会社とNPO法人日本ブラインドサッカー協会が
「スポ育」事業パートナーシップ契約を締結

 

取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ

NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908

 

 

 



ここまでコンテンツ本文です。



ここからサブナビゲーションです。

ここまでサブナビゲーションです。